トップ > 痔の知識 > 妊娠中・出産後の女性の痔

妊娠中・出産後の女性の痔

痔というと大人の男性に多い印象が強いですが、実は女性にも痔に悩む方は多いです。おそらく、女性は男性に比べて痔を話題にすることが少ないので、そのような印象が強いのかもしれませんね。また、女性には冷え性の方が多いですが、これが原因で肛門周辺の血流が悪くなることも原因の一つとされています。


特に出産を機に痔に悩む方は多いようです。うちの母親も昔から何かあるたびに「あんたを産んでから私はいぼ痔になったのよ!」と冗談交じりに言っていました。


出産時はものすごいいきみがあるので、これが原因でいぼ痔などの痔になってしまうことも多いです。薬などで自分で治療することもできますが、ひどい場合や慢性的に痔になってしまった場合は、はやめに病院で治療してもらいましょう。


また、便秘の方が女性には多く、それが原因でいぼ痔や切れ痔になりやすいようです。痔に便秘は大敵ですので、食生活を見直すなどして、改善していきましょう。また、女性は男性よりもトイレに行きにくいケースに置かれることが多い、という理由も考えられます。無理なダイエットなどで水分や食物繊維不足になるのも防ぐべきです。逆に、下痢になりやすい男性は、痔ろうになることが多いようです。


出産時だけではなく、妊娠中も痔になりやすいといわれています。妊娠している時は、子宮が普段よりも大きくなり、腸が圧迫されていき、便秘になりやすい場合があります。それがいぼ痔・切れ痔の原因となることがあります。また、子宮による圧迫で肛門あたりの血の巡りが悪くなるとも言われています。


このように、妊娠中はなにかと痔になりやすい環境であるといえます。妊娠中の痔の治療についてですが、妊娠約4、5ヶ月までは痔の薬の使用はやめて、約4、5ヶ月以降でもステロイドが入っている痔の薬はやめたほうがよいらしいです。このあたりは胎児へも影響する場合があるようなので、詳しくは産婦人科へ恥ずかしがらずに相談するのがよいと思います。間違っても自分の判断で痔の薬を使用してしまうのは、避けてください。


また、妊娠中は痔の手術をしないほうがよいので、食生活に気を使うなどして、便秘になるのをなるべく避けられるようにしていきましょう。


この記事のカテゴリーは「痔の知識」です。
痔の予防方法や、妊娠中・出産後の女性の痔、痔と便秘の関係などを解説。
関連記事

子供の痔

痔というと大人の男性に多くて、出産後などの女性にも多い、というイメージですが、乳...

妊娠中・出産後の女性の痔

痔というと大人の男性に多い印象が強いですが、実は女性にも痔に悩む方は多いです。お...

食物繊維

食物繊維は便秘解消に効果的な成分です。便秘を解消しておけば痔にもなりにくくなりま...

生活習慣改善で痔を予防

痔になってしまったら、市販の薬で治療したり、病院へ行って治療したりしますが、生活...

日本人の約30%が痔

現在では、日本人の30%もの方が、症状の差はあるものの、痔になっているというデー...