トップ > 病院での手術と治療法 > 市販の薬での治療と病院での治療

市販の薬での治療と病院での治療

いぼ痔の場合、症状がまだ軽い状態では、市販の薬を使用したり、便秘にならないよう食生活に気をつけるなどすれば、自分で治療していくことができます。


いぼ痔の症状が重い状態の場合は、自分で痔の薬を使うなどしても、症状の緩和にはなりますが、完璧に治療することはできません。病院で手術などの治療法を使わなければ完治しません。しかし、痛みが強くないような痔の場合は、手術しなくても差し支えないようです。


痔が完治していない場合は、少しのきっかけでまた痔が悪化することも多いです。強くいきんだ時や、便秘になってしまった時、いつもはしない動きをする運動をしたときなどです。痔は少しでも痛んだり、なにか症状が出たりしたら、すぐに薬を使うなどしてケアしていくことが大切です。


切れ痔の場合でも軽い症状の場合は、便秘にならないように生活習慣を改善したり、市販の薬を使用することにより、緩和されて治療できます。しかし、切れ痔はひどくなると、強い痛みに襲われることも多く、病院での手術が治療に必要になることもあります。


痔ろうの場合では、市販の薬で治療することができないので、なるべくはやめに病院へ治療に行きましょう。痔ろうは下痢になりやすい男性に多いと言われます。痔ろうが悪化するととてもやっかいなことになりますので、生活習慣を見直して下痢予防にも努めましょう。


この記事のカテゴリーは「病院での手術と治療法」です。
病院・肛門科での痔の手術や治療方法について解説。痔は日帰り手術できる場合もあります。
関連記事

市販の薬での治療と病院での治療

いぼ痔の場合、症状がまだ軽い状態では、市販の薬を使用したり、便秘にならないよう食...

病院での様々な手術・治療方法

痔の手術というとなんだか怖いですがそんなことはありません。まず症状にもよりますが...

病院での診察の流れ

いぼ痔や切れ痔、痔ろうなどになり、病院・肛門科へ行った時の診察の流れを大雑把に説...