トップ > 痔の知識 > 子供の痔

子供の痔

痔というと大人の男性に多くて、出産後などの女性にも多い、というイメージですが、乳幼児でも痔になるケースはあります。乳幼児はおむつをいつもつけています。これにより不潔な状況が続いてしまったり、むれてしまったりすることも痔になる原因の一つとなるかもしれません。乳幼児がうんちをしたらなるべく早くおむつを取り替えてあげるなど、いつも清潔にしてあげましょう。


乳幼児は、痔の中でも痔ろう(あな痔)になるケースが多いらしいです。痔ろうになると、赤くはれたり、うみが出たりします。


乳幼児の痔ろうの治療でも、大人の痔ろうの治療と同じく、切ってうみを出していきます。痔ろうというととてもきつそうですが、乳幼児の痔ろうは大人ほどひどくなることはあまりないようです。


また、子供が小学生以降に大人と同じようないぼ痔などの痔になることもあるようです。子供時代の痔はほとんどの場合がそれほどひどくはならない場合が多いです。まずは塗り薬などで早めに緩和していきます。でも、痔の症状がひどくなり、場合によっては子供でも痔の手術が必要になってくる場合もあります。早めに病院へ連れて行ってあげることが大事ですね。


また、子供の場合は自分が痔になっていること、さらに痔という病気があること自体を知らない場合が多いので、親も不自然なところが子どもにあったら、気をかけてあげるようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「痔の知識」です。
痔の予防方法や、妊娠中・出産後の女性の痔、痔と便秘の関係などを解説。
関連記事

子供の痔

痔というと大人の男性に多くて、出産後などの女性にも多い、というイメージですが、乳...

妊娠中・出産後の女性の痔

痔というと大人の男性に多い印象が強いですが、実は女性にも痔に悩む方は多いです。お...

食物繊維

食物繊維は便秘解消に効果的な成分です。便秘を解消しておけば痔にもなりにくくなりま...

生活習慣改善で痔を予防

痔になってしまったら、市販の薬で治療したり、病院へ行って治療したりしますが、生活...

日本人の約30%が痔

現在では、日本人の30%もの方が、症状の差はあるものの、痔になっているというデー...