トップ > 痔の薬 > 坐薬

坐薬

痔の治療で有名なものに坐薬(ざやく)があります。特に、いぼ痔の内痔核に坐薬は効果的な薬です。しかし、坐薬に苦手意識があったり、塗り薬である軟膏のほうがお手軽なので、そちらにはしってしまう方も多いと思います。


坐薬は初めて入れるときは、怖いものですしうまくいかないこともありますが、慣れれば簡単に入れられるようになります。坐薬というと、なんだか無理矢理おしこまないと入ってくれない、というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、それほど力もいりません。途中からは黙っていても勝手に入っていってくれる、というイメージです。


坐薬はいぼ痔の内痔核に特に有効ですが、痔ろう(あな痔)には効果がないようです。痔ろうは病院へ行って治療するしかありません。内服薬で緩和はできますが、痔ろうの治療となるとやはり病院へ行くしか方法がないようです。


痔に効く坐薬では、テレビCMなどでもなじみのあるボラギノールやプリザSが有名です。これらは医師からの処方箋がいるものではなく、薬局などで市販されています。薬局でボラギノールやプリザSを買うのがどうしても恥ずかしいという方は、インターネット通販で買うこともできます。

この記事のカテゴリーは「痔の薬」です。
痔の薬について解説。塗り薬、坐薬、注入軟膏、内服薬など。
関連記事

ボラギノールとプリザS

有名な痔の薬であるボラギノールには、軟膏・坐薬・注入軟膏の3種類のタイプがありま...

坐薬

痔の治療で有名なものに坐薬(ざやく)があります。特に、いぼ痔の内痔核に坐薬は効果...

塗り薬と注入軟膏

痔になったときに、一般の人がまず手にするのが塗るタイプの痔の薬だと思います。坐薬...

内服薬

痔の薬というと、坐薬、塗り薬、注入軟膏の3つがあるというイメージですが、痔の薬に...