トップ > 痔に関する豆知識 > レオナルドディカプリオとウォシュレット

レオナルドディカプリオとウォシュレット

アメリカでは、日本では近年当たり前になってきている「ウォシュレット付きの温かい便座」があまり普及していないらしいです。以前にマドンナは、記者会見で日本の暖かい便座をえらく気に入ったという発言をされてましたね。


そんな中、あのレオナルドディカプリオも、約35万円もする最新のウォシュレットが付いているトイレを買っていたらしいです。


レオナルドディカプリオが購入したウォシュレットは、TOTO製Neorest(R)500という型のものらしく、温かい便座でウォシュレットがついていて、水洗と便座のふたが自動的に開いたり閉まったりするタイプのものです。また、節水機能もついているものらしいです。


ウィル・スミスも来日したときに、ウォシュレットを2つも購入したらしいです。このように、海外セレブの中には、ウォシュレットを使っている有名人もいるようです。


しかし、もともとはウォシュレットを発明したのはアメリカ人だったそうです。アメリカでは実用的にはならなかったのが、日本では実用的になり、広まったようです。


これは日本人の清潔にする文化が原因なのかもしれませんね。欧米では家の中でも土足だけど、日本ではそんなこと考えられないですもんね。あと、日本人の何事にも細かい性格がウォシュレットの実用化を後押ししたのかもしれません。


ウォシュレットだけじゃなくて、海外で発明されて日本で実用化されたものって、探せばいっぱい出てきそうですね。日本人は昔からまねするのがうまいっていいますもんね。でもまねがうまいっていうのは、堂々と胸を張っていい一つの才能のような気もします。

この記事のカテゴリーは「痔に関する豆知識」です。
痔に関する、知っていて得するか得しないかはあなた次第の豆知識。
関連記事

友人がいぼ痔になった

先日、仲の良い友人が「いぼ痔になっちゃった」と私に言ってきました。私がいぼ痔なの...

ウォシュレットはTOTOの商標?

実は、ウォシュレットという名前は、TOTO(東陶機器)の商標です。私たちは、TO...

トイレや痔の雑学

トイレや痔に関する雑学をいろいろ調べてみました。 ●ヨーロッパでは14世紀頃から...

レオナルドディカプリオとウォシュレット

アメリカでは、日本では近年当たり前になってきている「ウォシュレット付きの温かい便...