トップ > 痔の原因・症状・治療 > いぼ痔(外痔核)の原因・症状・治療

いぼ痔(外痔核)の原因・症状・治療

また、外痔核の場合は出血などの症状は内痔核とあまり違いはありませんが、内痔核とは違って、肛門の外側:神経が通っている部分に痔核ができるので痛みを強く感じることもあります。強いいきみが原因となってできることが多いです。外痔核はゴルフのスイングの時にでてしまうこともあります。またアルコール類を飲みすぎるのが原因になることもあります。


外痔核になったら早めに病院で治療するのがよいですが、いけない場合には、まず肛門を温める治療法があります。シャワーではなく湯船につかることによって温めます。温めると外痔核の痛みは緩和されます。温かいウォシュレットのお湯で温めるのもよいでしょう。また、市販の坐薬や軟膏などを使ったり、場合によっては痔の内服薬を服用してみるのもよいでしょう。


また、嵌頓(かんとん)痔核とは、肛門から出た痔核が肛門括約筋によって圧迫されてしまい、血まめができたり腐ってしまう状態で、激しく痛むこともあります。


嵌頓(かんとん)痔核は、軟膏などを使ってはれを押さえておいてから切除するのが、よい治療方法のようです。

この記事のカテゴリーは「痔の原因・症状・治療」です。
いぼ痔・切れ痔・痔ろうの原因・症状・治療について解説。
関連記事

いぼ痔(内痔核)の原因・症状・治療

いぼ痔という名前ですが正式には痔核と言います。いぼ痔の中でも、歯状線よりも上にで...

いぼ痔(外痔核)の原因・症状・治療

また、外痔核の場合は出血などの症状は内痔核とあまり違いはありませんが、内痔核とは...

痔ろうの原因・症状・治療

痔ろうはあな痔とも呼ばれるもので、歯状線が細菌などによりうんでしまい、うみが無く...

切れ痔の原因・症状・治療

切れ痔(裂肛)の原因ですが、便秘などによって硬い便を無理に出すことが挙げられます...