トップ > 病院での手術と治療法 > 病院での診察の流れ

病院での診察の流れ

いぼ痔や切れ痔、痔ろうなどになり、病院・肛門科へ行った時の診察の流れを大雑把に説明します。初めてのときは、恥ずかしいですし、怖いかもしれません。


恥ずかしさを取り除く方法はとても簡単です。肛門科のお医者さんの気持ちになればよいのです。肛門科のお医者さんは、これまでに数え切れないほどの人たちを診察してきたわけです。


もういやらしいとか恥ずかしいとかいう気持ちはゼロと言ってもいいでしょう。それが仕事なのですから。そう思うと、患者のこちら側も恥ずかしがる必要がないように思えてきませんか?堂々と行って堂々と見てもらえばよいのです。


それでは流れを見て行きましょう。こんな感じです。


まずは問診です。いぼ痔、切れ痔、痔ろうなどの状態を聞かれます。どんな時に痛くて、出血があるのかどうか、かゆみはあるのか、など。普段便秘がちなのかどうかや、生活習慣も聞かれることがあります。

問診が終わったら指診というものが行われます。ベットに横になり、症状を確認した後、ゴム手袋をはめた指で肛門を触って診察されます。ここは初めてだととても恥ずかしいところですが、先ほどの言葉「お医者さんの気持ちになる」を思い出せば、恥ずかしさも消えると思います。

次に肛門鏡検査というものが行われます。ゼリーをつけて約7cmの長さがある肛門鏡を入れ、内部を診察します。


簡単にはこんな感じの流れになります。初めてだと行く気がしないものですが、一度経験してしまえば、どうってことありません。力を抜いていきましょう。


この記事のカテゴリーは「病院での手術と治療法」です。
病院・肛門科での痔の手術や治療方法について解説。痔は日帰り手術できる場合もあります。
関連記事

市販の薬での治療と病院での治療

いぼ痔の場合、症状がまだ軽い状態では、市販の薬を使用したり、便秘にならないよう食...

病院での様々な手術・治療方法

痔の手術というとなんだか怖いですがそんなことはありません。まず症状にもよりますが...

病院での診察の流れ

いぼ痔や切れ痔、痔ろうなどになり、病院・肛門科へ行った時の診察の流れを大雑把に説...