トップ > 痔に関する豆知識 > 友人がいぼ痔になった

友人がいぼ痔になった

先日、仲の良い友人が「いぼ痔になっちゃった」と私に言ってきました。私がいぼ痔なのは前から話していたので、アドバイスをもらいたいようでした。でも、いぼ痔な私をさんざん馬鹿にしてた友人なのでそう簡単には教えられません 笑

まずは、このサイトのURLを教えてあげて、痔について勉強しろ!といっておきました。で、痔の勉強をするのもいいけど、とにかく病院へ行くのがいいよ、ってことを伝えておきました。

確かにそうなんですよね。市販の薬や、生活習慣を改善するよりも、まずは病院で専門家にみてもらうのが、痔の治療には一番いいんです。

でも、友人は病院へは絶対に行きたくないと言っていました。ふー。ひどくなってから泣いても知らないよって感じです。みなさんも、痔になったら症状が軽くても、早めに恥ずかしがることなく病院へ行かれるのが良いと思います。日本人の3人に1人は痔になったことがあると言われているのです。恥ずかしいことは何にもありません。ひどくなる前にぜひ病院へ行って、痔の治療をしてしまいましょう。

この記事のカテゴリーは「痔に関する豆知識」です。
痔に関する、知っていて得するか得しないかはあなた次第の豆知識。
関連記事

友人がいぼ痔になった

先日、仲の良い友人が「いぼ痔になっちゃった」と私に言ってきました。私がいぼ痔なの...

ウォシュレットはTOTOの商標?

実は、ウォシュレットという名前は、TOTO(東陶機器)の商標です。私たちは、TO...

トイレや痔の雑学

トイレや痔に関する雑学をいろいろ調べてみました。 ●ヨーロッパでは14世紀頃から...

レオナルドディカプリオとウォシュレット

アメリカでは、日本では近年当たり前になってきている「ウォシュレット付きの温かい便...